ウーバー イーツ ってなんだ?

ムシムシの夜が続いていますね。

皆さん、体調は崩されていませんか?

テレビを見ていたら、「ウーバー イーツ」の番組をやっていました。

ちょっと前に、 ウーバー タクシーは流行りましたが

この頃はあまり聞きませんね。

規制が沢山の日本では、なかなか難しかったのでしょうか?

そもそも「ウーバー」とは

ドイツ語で 上 という意味らしいです。

また、英語のスラングでは 「超」とか「すげー」という意味なのだとか。

「ウーバー イーツ」は平たくいえば 出前です。

でも、そのシステムが面白いのです。

注文はスマホのアプリから行います。

配達するのは事前に登録している一般の方。

仕事の合間に、とか ちょっと運動しようかなって時に

自分のスマホを受信状態にします。

すると、位置が違い人から店から配達以来が入り

バイクや自転車で店で商品を受け取り

注文した人へ届ける仕組み。

注文した人のスマホには、配達する人が今どこにいるか

地図で表示され、到着までの時間も出ます。

つまり、家にいながら行列の出来る人気店の料理が味わえ

配達する人は、空いた時間にお金を稼げる。

まだ限定地域でのサービスだけど

田舎は車社会だから

車を使った ウーバーイーツなんてのも出て来るかもね。

今度はどんなシステムが出来るかちょっとわくわくです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る