御祝儀の自由について考えてみた

「長」がつく役をされている方はおわかりだと思うが

地域で何かが開催されるとき

いつの間にか白い封筒が届きます

中には「ご招待」や「お知らせ」の文字

要は、御祝儀もってきてね

という意味

いつもお世話になっている団体だったり

個人的に応援したいな、と思っているところは

積極的に持って行きたいと思うのだが・・・

今はクラウドファウンティングの時代

計画はこうで

目的はこうで

つきましては私たちに是非投資をお願いします

と皆、あの手この手でアピールしている

私が出した御祝儀は

果たしてどんな使われ方をするのだろう?

会場代や参加してくれた人へのせめてものお弁当代?

それとも、単なる飲み会?

しっかりとお金の流れが見えなければ

持って行くのも躊躇してしまう。

地域のイベントだから

御祝儀をもらうのは当たり前っていう感覚は

もう終わりのような気がしています

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

自分の運命が知りたくなったら、まずは無料ダウンロードをしてみましょう。

生年月日・時間・生まれた都道府県を入力してください

何で知りましたか?は NE運命解析士

名前の欄には 大内早智子 もしくは大内

をご記入ください

http://tinyurl.com/y9en2ru6

本当の自分を理解したいと思ったら、NE運命解析学パスポート

本質・社会移動運・仕事運・メンタル・財運・結婚パートナー運

10年ごとの運気もすべて詰まっています。

http://tinyurl.com/y839wpt5

フェイスブックやっています

お気軽に友達申請してね!

コメントなしでオッケーです。

https://www.facebook.com/sachiko.ohuchi

セッションやセミナー料金はこちらから

http://tinyurl.com/y95e5c5t

質問やお申込みはこちらからどうぞ

お問合せ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る