血の轍 7

いつも楽しみにしているコミックの一つ

「血の轍」

7巻を早速読んでみました。

(血の轍って何?っていう方はこちら)

https://ja.wikipedia.org/wiki/血の轍_(漫画)

押見修造さんという人は

何故こんなにも人間の中の本質を描き出すのが上手いのだろう

彼の絵を見ていると

自分の中のドロドロしたものを

わしづかみにされている感覚がある。

所詮人間というものはこうなんだよ。と

否応なくこれでもかと畳みかけてくる。

押見さんも

自分の中のものを絞り出しながら書いているという。

だからどんなラストになるのか

どんな風に進んでいくのか

自分の中でも分らないそうで

でも、これを書き上げたら

もう書かないかもしれないとも言っていた。

「毒親」

「モンスターペアレント」

そんな簡単な言葉では言い表せない

「血の轍」の中に出てくる「ママ」

逃げ場のない息子も随分と狂気を自分の中で育ててしまっている。

作者がこの作品に対して

どんな終わり方をするのか?

興味がとてもあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

自分の運命が知りたくなったら、まずは無料ダウンロードをしてみましょう。

生年月日・時間・生まれた都道府県を入力するだけです

何で知りましたか?は NE運命解析士

名前の欄には 大内早智子 もしくは大内

をご記入ください

姓名判断ではありませんので

名前はペンネーム等でも大丈夫です

http://tinyurl.com/y9en2ru6

本当の自分を理解したいと思ったら、NE運命解析学パスポート

本質・社会移動運・仕事運・メンタル・財運・結婚パートナー運

10年ごとの運気もすべて詰まっています。

http://tinyurl.com/y839wpt5

フェイスブックやっています

お気軽に友達申請してね!

コメントなしでオッケーです。

https://www.facebook.com/sachiko.ohuchi

セッションやセミナー料金はこちらから

http://tinyurl.com/y95e5c5t

質問やお申込みはこちらからどうぞ

お問合せ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る